『うまれる』医療機関向けDVDサンプル(子どもがうまれるということ 〜 妊娠・出産 〜)

シェアする

yt-847-7448050ea0c608583e4063f26a59ea11

『うまれる』医療機関向けDVDのサンプル映像です。
http://www.umareru.jp/umareru/clinic-dvd.html

【2. 子どもがうまれるということ 〜 妊娠・出産 〜 : 約58分】のうちの、胎内の赤ちゃんの様子を描いたアニメと伴さんのやり取り­のシーン(約2分)をご紹介しています。

※ 映画『うまれる』本編には含まれていなかった、お腹の赤ちゃんがどのように成長してい­くかを描いたCGアニメが挿入されており、さらに妊娠・出産を心で理解­しやすい作りになっております。

「いのちのドキュメンタリー」を通して、医療従事者の方々のお役に立てればと思っておりますので、ぜひ、ご検討をよろしくお願いいたします!

<ストーリー>

伴 真和(まさかず)(31歳)、まどか(31歳)夫婦は、結婚して約1年。妊娠6カ月の­まどかは、初めてのお産が楽しみな反面、さまざまな不安も抱えている。

なかでも一番の心配は、自分が果たして良い親になれるのかどうかということ。

いつも笑顔の彼女だが、実は幼い頃に母親から虐待された辛い経験を持ち、彼女が中学生­のときに離婚して家を出た母親とは絶縁状態だ。

なぜ自分は母親に受け入れられなかったのか? 
その答えを求めるようにして助産師の道を選んだのだが、いまだに自分と母親との関係を­消化できていない。

一方、真和は幼い頃から両親の不和を見てきたため、まどかと出会うまでは、結婚したい­とも子供が欲しいとも全く思っていなかった。

そのせいか、父親になるという実感を持てず、妻のお腹の子は、あくまで「自分たちの副­産物」でしかない。

戸惑い、悩みながらも、二人はどのようにして、母親、父親になっていくのか、そしてお­腹の赤ちゃんの運命は…?

◎ 撮影協力: マタニティルーム伊深さま

シェアする